保険特約見直し研究所

保険の特約を見直して上手に支払額を下げる

長引く日本の不況で、平均的な世帯収入が減っている現状です。

 

景気が良かった頃の保険料をそのまま払い続けるのは本当に大変なことです。

 

このホームページは、保険料の支払額を見直す際に、どのように考えて特約を見直せばよいのかについて参考になる情報を掲載しています。

 

自分自身が保険の見直しをした時の経験と、インターネットで情報を収集することを仕事にしている立場から、これから保険の内容を検討する方に少しでもお役に立てる情報を掲載できればと思い作成しました。

 

 

保険としての安心感を損なわないように保険料の支払額を減らす工夫をしましょう!

 

是非参考にしてみてください。

 

医療保険とは

 

医療保険とは、事故や疾病などで長期にわたる通院・入院が確定したときや、先進医療治療における高額出費がやむをえない場合、被保険者の直接負担を避ける為に契約される、一般的な保険です。

 

事故と同じで、ひとはいつ大きな病気にかかり、長期の入院を迫られ、労働環境を失うことになるかわからないので、念のために入っておくひとは多いです。

 

 

国民健康保険や共済組合などの、強制加入式医療保険と、任意式の民間医療保険があります。公的医療保険だけでは不安なひとが、民間医療保険を選びますが、いろいろな保険会社に多くの保険プランがあり、結果的に大損するプランにひっかからないために、FPなどの専門家に選んでもらうひともいます。

 

申請する場合は、過去の疾病や持病、傷害の程度、手術の程度や通院・入院の日数などを保険会社に審査された上で、その審査に通ればプランごとの保険金を受け取ることができる、という仕組みになっています。

 

その保険金はおもに、自己負担分の医療費の軽減だけでなく、入院している間の給与削減や通院にかかる交通費、差額ベッド代などの補填にも使われます。

 

例えばがん保険などでは、がん治療が入院方式から通院治療に移行している関係で、通院間にかかるばかにならない交通費も補填できるように、割高になっています。