保険特約の見直し【がん保険】

がん保険のかけ方ともらえる保険内容

 

将来自分ががんになった時に備えてがん保険に加入する人は多いのではないでしょうか。

 

がん保険はどのような保険かを見てみます。

 

まず保険期間と保険料についてです。

 

保険期間には終身タイプと定期タイプがあります。終身タイプには

 

・終身払い保険

 

・有期払い保険

 

があります。

 

終身払い保険は保険料を生涯支払う必要があります。

がん保険でも支払われるお金の違い

保険料は支払い満了時までが一定額で、一定年齢よりも前に加入した場合には年齢などの考慮により半額になったりすることもあります。

 

 

定期タイプは、保険期間があらかじめ決められており一定期間または一定年齢まで支払えばそのあとは支払う必要がない保険のことを言います。

 

全期型は満期以降の保障がない分になります、その代わり満期まで保険料は変わりません。

 

更新型は更新ごとに保険料が変わり、通常は保険料がだんだん上がっていきます。

 

更新型は若い頃は良いのですが、高齢になると負担額が大きくなってしまいます。

 

がん保険はがん診断給付金、がん入院給付金、がん手術給付金、がん死亡保険金、がん高度障害保険金などの区分があります。

 

がん診断給付金は、がんと診断された時に出るお金、がん入院給付金は、がんで入院した時に日数に応じて支払われるお金、がん手術給付金は所定の手術を受けた時に手術内容に応じて支払われるお金、がん高度障害保険金は、所定の高度障害状態に該当した時に支払われるお金です。