保険特約を見直し【変額年金保険】

先行き不安に注目される変額年金保険のありかた

今日の日本における大きな問題はいろいろありますが。

 

長引く不況は日本だけでないグローバルな問題でしょうけれども、右肩上がりの経済成長の時代の終焉、デフレ経済、企業の終身雇用制の崩壊等々、様々な問題が連環して、人々の生活に、けして明るくはない精神的な影響を与えているようです。

 

誰にも多かれ少なかれ共通するのは、自分の生活の先行きが不鮮明な不安感ではないでしょうか?

 

政治にもそれは反映されて揺れているように視えます。

 

とくにもうそれは必至となっている、少子化老齢化社会の到来です。

 

そしてそれに輪を掛けての社会的な不安は、公的年金制度の崩壊の兆しがあることです。

 

終身雇用もなく、公的年金に頼れないとしたら、個人年金保険に注目が集まるのは当然でしょう。

 

さまざまな年金保険が、保険会社から提案されています。

 

保険料の支払い原資を株式や債券等を運用して、受け取る年金、解約払戻金を増やすことが可能という「変額年金保険」もそのひとつです。

 

運用には、さまざまな選択肢の中から自己判断で、いわば自己責任で選択できますが、運用実績によって増減するわけですから、リスクもあります。

 

年金払い戻し額の最低保証がある場合もありますし、ギャンブルではありませんから、これからも伸びる保険といえるでしょう。