保険特約を見直し【養老保険】

養老保険の特徴

養老保険は、生命保険の商品タイプのうちの1つで、加入時に保障期間が決められており、満期に達すると死亡保険金と同額の保険金が支払われるタイプのものをさします。

 

養老保険は、定期保険のような掛け捨て型と違って、満期時に必ず保険金が支払われます。

 

保険料から、保障に使われる分を引いた残りが、その支払い金として積み立てられていくので、保険料自体はやや割高です。

 

今では、大型保障として、定期型や養老型よりも定期付終身保険がおもな商品としてあげられますが、日本人の平均寿命が5〜60歳台であったころは、満期時の保険金を老後の資産運用に使ったり、万一の保障も期待できる養老型のほうが主力な商品でした。

 

ただ、養老型保険は、保険会社にとって資金運用のしやすさの目安となる予定利率の数値に大きく左右されるため、過去最低の1.5〜1.75%を記録した2001年以降では、支払った保険料の総額が、満期時の保険金を下回る場合もでていました。

 

いまでは、定期保険を特約として養老型に付随させたり、終身型、定期保険特約付終身型、医療保険などに養老型を特約で付随させたプランがあります。

 

簡易生命保険については、普通養老簡易生命保険や特別養老簡易生命保険というプランがあり、満期時の保険金が民間の生命保険よりも少な目だということと、災害死亡時に保障金が倍額おりる制度などが、大きな特徴でした。