保険特約を見直し【遺族年金】

遺族年金の種類

 

遺族年金とは、死亡した時に残された子どもや妻に支払われる年金のことを言います。

 

大まかに遺族年金と言いますが大まかにわけて遺族基礎年金と遺族厚生年金、寡婦年金、遺族共済年金とがあり、社会保険庁から年金が支払われます。

 

遺族基礎年金の受給対象者は死亡した者によって生計を維持されてきた子のある妻とその子ども。

 

ここで言う子どもとは18歳到達年度の末日を経過していない子、20歳未満で障害者1級または2級の障害者のことを指す。年金支給額は780900円と子どもの数の加算数によります。

 

子ども第1・2子の場合は224700円、第3子の場合は74900円加算されます。

 

遺族厚生年金の受給対象者は遺族基礎年金の支給の対象となる遺族、つまり妻とその子どものことを言います。

 

その他の対象者には子のいない妻、55歳異常の夫、父母、祖父母も対象者です。

 

支給額は報酬比例の年金額×3/4+加算で、加算金額は夫が死亡した時に40歳以上の子どもがいない妻には594200円が加算されます。

 

誕生日に属する年に18歳を経過していない孫と1・2級障害者の20歳未満の障害者もこれに該当されます。

 

寡婦年金の受給対象者は国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間が25年以上の夫が死亡した時、ただし死亡した夫が障害基礎年金や老齢基礎年金を受給していないことなどが条件となりますが、受給資格があります。

 

受給金額は夫が受けられたであろう老齢基礎年金額×3/4の金額が受給出来る金額となります。