保険特約の見直し【解約返戻金】

解約返戻金

 

解約返戻金というのがあるのをご存知ですか。

 

保険の支払額を減らすために保障内容を見直す際には、絶対に知っておかなければならない知識です。

 

保険に入っただけで一生懸命払い続けていませんか。

 

 

年代ごとに保険の契約を見直す必要があります。

 

就職して直ぐは、1人での生活ですが、20代後半から30代でほとんどの人が結婚をします。その後子供も生まれてきます。

 

当然保証内容を変えないと保険の意味がありません。

 

以前契約している保険を解約するときには、解約返戻金というのがもらえるということを覚えておいてください。

 

解約返戻金を次の保健契約時の頭金にしたり、車の購入のための頭金にしたりすることができます。

 

解約返戻金というのはどういう仕組みでどのくらい戻ってくるかを見てみましょう。

 

支払い済みの保険料−経費−契約から解約までの保証部分 + 配当金という計算になります。

 

 

 

全額は戻ってこない

保険料として支払った全額が戻ってくるわけではありません。

 

保健会社の運営費や必要経費などで利用されますのでその分は引かれます。

 

契約して短期間で解約した場合は、ほとんど戻ってきません。

 

保健の種類によっても変わって来ます。

 

終身保険のある契約の場合、契約して10年経ってから解約した場合、80%程度の振込み金額が返ってきます。

 

30年かけた後に解約した場合では、100%以上のお金が返ってきます。

 

これを考えると、保険をかけるメリットはあります。

 

貯蓄の変わりに保険をかけることができます。