保険特約の見直し【火災保険】

都市生活には必須の火災保険には知識も必要

 

歴史上の事件で、主に都市部において大火事が記録されていることがあります。

 

とくに江戸時代のような、木造家屋が大半の住宅密集地での災害は大きかったことは想像もできるでしょう。

 

「火事は江戸の華」なんていう開き直りのような言葉もありましたが、当時の人々にとってはたいへんなことだったでしょう。

 

とくに人間の文明社会には、火災との闘いは宿命的なものであったでしょう。

 

 

損害保険としての「火災保険」は、生命保険と共に、一般に保険の基本的な種類といえるでしょう。

 

しかしながら、意外とその内容は正確に知られていないかもしれません。

 

火災保険の対象は、建物そのものと、その建物内の家具等の財物や設備、商品等に対する補償に区別されます。

 

また、火災だけではなくて、台風、竜巻等の風害、洪水等の水害による損失も含まれます。

 

原則としては、放火のような事件による火災だろうと、タバコの不始末等の過失による災だろうと、保険金詐欺のような悪意の要因でないかぎりは、保険金は支払われることにはなっています。

 

しかしながら、戦争のような特異な例や、地震や津波あるいは噴火による自然大規模災害には対象にはならないので、地震保険との併用等の注意が必要です。

 

保険の特約解除を検討するには、その特約について良く調べなければなりません。

 

情報を収集してから判断してください。