保険特約の見直し【個人年金保険】

公的年金制度の危機的状況の中で注目される私的個人年金保険

 

年金の問題が、大きな社会問題として、政治問題にまでなったことはまだ記憶に新しいことです。

 

政局にも大きな影響を与えていました。
しかしながら、現時点でもその問題は解決されていないです。

 

いや、解決の道も未だ視えてはいなくて、このまま行けば近い将来に年金制度は崩壊するのではないかとも言われているのが現状です。

 

嘗ては年金といえば、公的な厚生年金か国民年金のこと、医療保険や雇用保険等の社会保険の社会保険のひとつとして論じられることが一般的でした。

 

それが今日では、公的年金制度が崩壊するのではないかという危機さえ叫ばれるようになってきて、私的年金が脚光を浴びているともいえます。

保険会社が運営する年金

私的年金としての「年金保険」は個人年金と一般には呼ばれ、「個人年金保険」ともいいます。

 

民間金融機関、つまりは一般の保険会社が運営する年金です。

 

 

公的年金よりも運用リスクがあることは否めません。

 

しかしながら、国の社会保障制度としての公的年金制度の崩壊の危機がある一方で、保険会社が不況の中に生き残りを賭けて、様々な保険商品として提案しています。

 

これからの保険のあり方として注目されます。